BLOGクリニックブログ

ホワイトデー

三輪書店からご依頼を頂いた脊椎脊髄ジャーナルの締め切りが近くなり、焦り始めている院長の竹内幹伸です。ここ6,7年は脊椎一軍の整形外科の先生方から仕事をまわしてもらうことが多く、めちゃくちゃ光栄です。それも、これも今まで一緒に仕事をしてきたみなさんのおかげで感謝しかありません。足を向けてなられない方角が沢山ありすぎて困ってしまいます。

 

3/14はホワイトデーです。2/14バレンタインデーの時は、大切なCSC(中京スパインクリニック)スタッフから高級ポテチを頂きました。さらに、元同僚の方々や患者さんからもたくさん高級チョコをもらって、まったーーくモテなかった小・中・高・大学時代を経てようやくモテ期が来た?!と思っています。

CSCでは、患者さんからよく差し入れを頂きます。手作りドーナツだったり(シナモンドーナツすごく美味しかったです!)、メッセージ入り手作りキーホルダーや、伊勢エビや、お菓子などなど、本当にたくさんの差し入れをありがとうございます。

こんなたくさん差し入れを頂けるのは、私の人柄でしょ?!と勘違いしていましたが、実は今までこんな沢山の差し入れをもらった経験がありませんでした。やっぱり、それは私の大きな勘違いで、CSCのスタッフの人柄のおかげです。みんな仲が良くて、毎日笑顔で、自己犠牲ができていて、高い倫理感をもつステキなスタッフだからこそだと思います。そんなフタッフと一緒に「95%の回復、その先まで」の理念の基、中京スパインクリニックを築き上げていきます。

みなさん、ステキな差し入れ・・・ありがとうございます!