BLOGクリニックブログ

CSC医療スタッフの隠れた才能

CSC(Chukyo Spine Clinic:中京スパインクリニック)の前に自動販売機があるのですが、1000円で大好きな微糖紅茶を買う度に100円玉が9枚おつりで出てくるので、釣り銭切れになるんじゃないかと、めちゃくちゃ心配になる院長の竹内幹伸です。

 

最近、CSCの医療スタッフの隠された才能を見つけました。

 

CSCの医療スタッフは経験者が少ないのが特徴です。それは、色んな考えがあってわざと医療未経験者ばかりを採用したんですが、それがすごくマッチしていて、予想を超えるチームワークを発揮してくれています。

 

そんな中、ある一人の医療スタッフ・パートさんに、めちゃくちゃ隠れた才能を見つけました。

 

海外からの輸入や輸出、税関の知識にめっちゃ長けた才能を持ったスタッフがいたんです。

 

お昼過ぎに、Fedexから関空に荷物が到着したと連絡が入り、私たちがどのように手続きをした良いのかおどおどしていたら、「ここは任せてください」と、テキパキと対応してくれてたんです。

 

「あー、これがINVOICEですね。」

「Fedexはクーリエですから、、、、」とか言ってました。 

 

院長として、「うんうん。そう言うことだよね!(笑顔)」とか彼女に言っていましたが、

内心・・・・「ん?INVOICE???」
「クーリエ??? アガシ世代のテニスプレーヤーのこと???」・・・でした。

 

ほんと、CSCにはいろんな才能をもっているスタッフが集まっていて、めっちゃツイてます!

 

全国的にやっている施設が非常に少ない頸椎の内視鏡治療(手術)もOne CSCで難なくこなしてくれます。

 

内視鏡治療の途中にカメラがめちゃくちゃ曇り始め、院長がイライラし始め、灌流液の温度のせいにし始めたときの素早い対応など、ほんとステキなスタッフばかりです。

 

One CSCのみんなで、日本一のクリニックストーリーを作りましょう!

 

現在、理学療法士・作業療法士の常勤、看護師パートの募集をしています。

もし、迷っておられたら見学だけでも来ませんか?
私たちと一緒にOne CSCとして働きませんか?
→→ 採用情報です。