BLOGクリニックブログ

首の内視鏡治療

新型コロナウイルス対策に、次亜塩素酸水の空間除菌が良い!と聞き、大量のスチーム器を購入したモノの、結局、空間除菌の効果がない!と御上から通達があり、一寸先は闇だと改めて思った院長竹内幹伸です。

 

倉庫に大量のスチーム器・・・。そして大量のスプレーボトル・・・。

 

これもコロナ禍ですよね?。

 

今週も、腰部脊柱管狭窄症2件に、腰椎ヘルニア、頸椎ヘルニア、圧迫骨折と、CSCの内視鏡治療の守備範囲全種類の治療がありました。

 

私は今まで、頚椎症の手術は、

後から首を大きく切開する頸椎後方手術、
顕微鏡手術、
喉の方からする頸椎前方手術、

色々やってきましたが、

頚椎症性神経根症や頸椎ヘルニアの手術は内視鏡PED治療が一番、執刀医にも患者さんにもストレスがすくないです。


抜群に良い治療だと思います。

 

ただ、唯一、外回りのスタッフの負担がかなり大きいことだけですね・・・・。


腰椎ヘルニアに比べると、フタッフのしなければならないことや、手順が多いんです・・・。

例えば、患者さんの体位変換に始まり、ポジション調整や、レントゲン透視装置の位置や、ベッドや手術機器の配置微調整など

 

ですが、それをシラーッとこなしてくれているCSCスタッフに感謝です。

 

今週もたくさんの差し入りありがとうございます。

大量のマスクの差し入れありがとうございます。診療が終わった後、CSCスタッフ全員で取り合いになっています。


いつもチェルシーキャンディーありがとうございます。最近、私はヨーグルトではなく、バター味にハマっています!じつは、バター味最強じゃないかって・・・。


あと、手作りマフィン本当に美味しかったです。診察室のカーテンの奥からパンの美味しい臭いが!もう、ソワソワしてしまって(笑)

CSCは近隣のみなさんに愛され、とっても助けてもらっています。

ありがとうございます。



★よくある費用についての質問です。

当クリニックの腰椎ヘルニア・首のヘルニア(頸椎ヘルニア)・腰部脊柱管狭窄症・圧迫骨折の脊椎内視鏡手術治療はすべて保険診療です。日帰り手術治療です。

いわゆるPELD・PED・PEL・PECF、FELD・FED・FEL・FECFなどの脊椎内視鏡手術治療はすべて保険診療です。

 

手術治療費用は下記の通りです。

① 高額医療費制度利用しない場合

保険3割負担の方・・・約15万円

保険2割負担の方・・・約10万円

保険1割負担の方・・・約5万円

 

② 高額医療費を利用した場合
年収により変化し、
負担額が軽減する事があります。

(詳細は受付でお聞きください)

70才未満の方

年収901万円以上 通常の3割負担額と同額

年収900−600万  約167,000円が上限

年収600−210万  約80,100円

年収210万以下   約57,600円

市民税非課税世帯  約35,400円

 

70才以上の方

年収690万円以上 通常の2割または1割負担額と同額

年収690−380万  約167,000円が上限

年収380−145万  約80,100円

一般課税世帯     約18,000円

市民税非課税世帯  約8,900円

詳しくは受付でお聞きください。

愛知県日進市折戸町笠寺山50-6 
腰・首・頭の中京スパインクリニック