BLOGクリニックブログ

ビックリマンチョコ

コンビニでビックリマンチョコを見つけると、ついつい買ってしまう院長竹内幹伸です。

まぎれもなく私はビックリマン世代です。当時ビックリマンチョコは30円で、人気すぎて近所の駄菓子屋では3つまで!と制限がありました。

さいわい、竹内家は男3兄弟で、私は長男なので弟2人に100円を持たせて3つづつ買いに行ってもらってました。

私がハマり始めたのは第6弾:始祖ジュラ、ブラックゼウスの頃です。

知ってます?

 

小5年生の夏休みに母親が生協でビックリマンチョコ1箱(30個)買ってきてくれたときは、
「なんてステキな母なんだろう!」
「一生言うことを聞きます!」
と発狂しました。

 

あの頃は、ビックリマンとファミコンばっかりで習い事は少林寺拳法のみやってました。

少林寺はめっちゃ真剣にやっていたんですが、茶帯の試験の前日に左大腿骨の病気が発症して長期入院となり、結局、その試験を受けられずに辞めざるを得なくなってしまいました。

いやー、黒帯までいって黒帯に金の刺繍を入れたかったです!

 

黒帯に刺繍・・・このイケてる感じ、分かります?

やってた人は、分かってくれますよね?

有段者の黒帯の刺繍を見て「めちゃくちゃカッコいい!」って憧れるんですよ!

 

そして黒帯となり、天地拳第3まで知りたかったッス!!!笑

 

そんな挫折もあったからこそ、
医者になれ、脊椎・せぼね治療に夢中になり、
たくさんの優秀でステキなスタッフと出会い、
日帰り脊椎内視鏡治療のクリニックを日進で開業できたんだと思います。

 

 

今週は6件の保険・日帰り脊椎内視鏡治療
腰部脊柱管狭窄症4件PEL/FEL、
腰椎ヘルニア2件PELDがありました。

スタッフのみんな、昼休みや中抜けの時間まで、一生懸命、みんなで助けてくれてありガと。

 

今度、みんなにビックリマンチョコを差し入れするよ!!!(笑)


★よくある費用についての質問です。

当クリニックの腰椎ヘルニア・首のヘルニア(頸椎ヘルニア)・腰部脊柱管狭窄症・圧迫骨折の脊椎内視鏡手術治療はすべて保険診療です。日帰り手術治療です。

いわゆるPELD・PED・PEL・PECF、FELD・FED・FEL・FECFなどの脊椎内視鏡手術治療はすべて保険診療です。

 

手術治療費用は下記の通りです。

① 高額医療費制度利用しない場合の費用

保険3割負担の方・・・約15万円

保険2割負担の方・・・約10万円

保険1割負担の方・・・約5万円

 

② 高額医療費を利用した場合の費用
年収により変化し、
負担額が軽減する事があります。

(詳細は受付でお聞きください)

70才未満の方

年収901万円以上 通常の3割負担額と同額

年収900−600万  約167,000円が上限

年収600−210万  約80,100円

年収210万以下   約57,600円

市民税非課税世帯  約35,400円

 

70才以上の方

年収690万円以上 通常の2割または1割負担額と同額

年収690−380万  約167,000円が上限

年収380−145万  約80,100円

一般課税世帯     約18,000円

市民税非課税世帯  約8,900円

詳しくは受付でお聞きください。

愛知県日進市折戸町笠寺山50-6 
腰・首・頭の中京スパインクリニック