TECHNIQUE手術術式

日帰り手術について

初診日に手術が決まり、その日のうちに
手術になることは絶対にありません

手術前には、麻酔に耐えることができるかなどの全身状態の検査・内服薬の確認(血液サラサラの内服薬を服用しているかどうか)などが必要なので、その日のうちに手術になることはありません。
また、私たちのクリニックで行う全ての手術の傷の大きさは約8mmで、バンドエイドで隠れる程度の傷口です。

腰椎椎間板ヘルニアに対する手術方法LUMBER VERTEBRAE HERNIATED DISK

経椎弓間アプローチ法(Inter-Lamina法:IL法)
区分番号Kコード:K134-2

背中の真後ろから内視鏡を入れて、ヘルニアを摘出する方法です。
手術時間は約30−40分です。

第5腰椎/第1仙椎の右側ヘルニア 経皮的内視鏡手術PELD/FELD IL方法

腰痛、右足の痛み、足のしびれ、歩行障害で発症されたかたです。第5腰椎/第1仙椎の右側ヘルニアがあり内視鏡手術を行っています。右側アプローチです。

手術前MRIBEFORE

第五腰椎/第1仙椎レベル右側にヘルニアを確認。

手術後MRIAFTER

術前MRIと比べて、ヘルニアは消失しています。

リスクは⼿術後の⾎腫(⾎溜まり) や⼀過性神経障害などです(1% 未満)

経椎間孔アプローチ法(Trans-Foraminal法:TF法)
区分番号Kコード:K134-2

背中の横から内視鏡を入れて、ヘルニアを摘出する方法です。手術時間は約30−40分です。

腰椎椎間板ヘルニア 内視鏡下椎間板摘出術(PELD/FELD TF法)

腰痛、左足のしびれ、足の痛みの症例で第4/5腰椎椎間板ヘルニア 左側の内視鏡手術です。PELD TF法で行っています。

手術前MRIBEFORE

第4/5腰椎レベル左側に椎間板ヘルニアを確認。

手術後MRIAFTER

術前MRIと比べて、ヘルニアは消失しています。

リスクは⼿術後の⾎腫(⾎溜まり) や⼀過性神経障害などです(1% 未満)

腰部脊柱管狭窄症に対する手術方法LUMBAR SPINAL CANAL STENOSIS

内視鏡下椎弓形成術(Full Endoscopic Lumbar-Laminotomy: FEL法)
区分番号Kコード:K142-5

背中の真後ろから内視鏡を入れて、ヘルニアを摘出する方法です。
手術時間は約60分です。

第4/5腰部脊柱管狭窄症 PEL, FEL手術

腰痛、歩行困難(間欠性跛行)、馬尾(ばび)症状で発症した症例です。第4/5腰椎レベルで腰部脊柱管狭窄に対する、内視鏡手術を行いました。左側アプローチで行っています。

手術前MRIBEFORE

第4/5腰椎レベルの脊柱管内で神経圧迫を確認。

手術後MRIAFTER

神経圧迫は消失し脊柱管内神経が大きく出現している。

リスクは⼿術後の⾎腫(⾎溜まり) や⼀過性神経障害などです(1% 未満)

頸椎椎間板ヘルニア
・頸椎椎間孔狭窄症の手術方法CERVICAL DISC HERNIATION
/ CERVICAL VERTEBRAE FORAMINAL STENOSIS

頸椎内視鏡下椎弓形成術(Full-Endoscope Cervical Foraminotomy: FECF)
区分番号Kコード:K142-5

背中の真後ろから内視鏡を入れて、神経の圧迫を解放する方法です。手術時間は約45分です。

頚椎症、頚椎症性神経根症第5/6頚椎レベル

肩こり、右腕のしびれ、痛み、放散痛の症例です。頚椎症(頚椎症性神経根症)第5/6レベル右側の内視鏡手術です。左側からのアプローチ、右第6頚神経の骨棘(骨のトゲ)による圧迫があり内視鏡手術により神経圧迫を解除しました。

手術前CTBEFORE

骨のトゲにより神経の通り道(椎間孔)が狭くなっています。

手術後CTAFTER

神経の通り道(椎間孔)が広くゆとりが出来ています。

リスクは⼿術後の⾎腫(⾎溜まり) や⼀過性神経障害などです(1% 未満)

圧迫骨折に対する手術方法COMPRESSION FRACTURE

経皮的椎体形成術
区分番号Kコード:K142-4

皮膚は骨折している骨の左右2カ所(もしくは1カ所)に約6mmの皮膚切開を設けます。そこから、骨セメントを注入します。手術時間は約30分です。

手術前MRI/CTBEFORE

第11胸椎の圧迫骨折(★)を認め、椎体内にガスを確認(矢印)。

手術後CTAFTER

手術前に黒くガスが貯留していた部分に、骨セメントが注入され骨が安定化しています。

リスクはセメントの神経内や血管内への漏れや⼀過性神経障害などです(1% 未満)