BLOGブログ詳細

2021.10.29

MRI最強??

先日、妻の美容院(日進市米野木の美容院)に付き添って駐車場でまっていたところ、日進市米野木周辺は5G電波で腰抜かすぐらいビックリした院長の竹内幹伸です。

その美容院は2階にあるのですが、1階に人気のカレー屋さんがあったり、目の前にもう一つ美容院があったり、周辺にはこめのきひがし整形外科さんや、こめの木いぐち眼科さんがあったりとっても人気店がひしめき合っているから5Gなんかな?名駅・栄とおなじ5Gやし!

 

おいおーーい、CSCは4G電波も怪しい・・・し・・・(涙)。

 

脊椎内視鏡手術(FESS:PELD/PED/PEL治療)オンライン相談の件数が緊急事態宣言解除後から急に多くなってきて、今月はクリニックのメールがオンライン相談でパンパンになっているのにビビっていいました。

 

オンライン相談って、脊椎内視鏡治療を気になっている方、適応がどうか気になっている方、遠方の方など、患者さんの画像データー・問診票をみながら相談をさせてもらっています。

もちろん、患者さんによっては画像データー無し、問診票なしで、手術の相談でもOKです。(画像が無い場合、問診票が無い場合は、正確な診断・助言ができないかもしれません・・・)

 

そういえば、

この前、私の母から「腰が痛いねん!データーを送るから見てよ!」と電話が来ました。数日後、送られてきた画像データーを見ると腰MRIだけなんですよ・・・。

 

私が、母親(医療はど素人)に「あれ?腰のレントゲンは?」と聞くと、

 

母「ん?MRIだけで十分やろ。だってレントゲンみたいなもんはどこにでもあるから役にたたへん。MRIがあればすべてわかるからエエやろ!」って。

私(おおお!どんなマウントのとり方よ、分かったような事を言うやん。)

 

これって大きな間違いなんです。

MRIはレントゲン、CTすべてを網羅できると思ってられる方がおられればこれは大誤解です。画像で見るモノが、MRI、レントゲン、CTでは全くことなります。

 

私「MRIとレントゲンでは見るモノが違うから必要なんやで。MRI最強ちゃうで。」

母「そうなん?!てっきりMRI最強、無敵、さらにPET(ペット)検査は美空ひばりみたくもっと、もっとエエやつやと思ってたわ」

私「PET検査に関してはもうそれは畑違いも甚だしくて、癌治療・ガン検査に使う検査器機で脊椎領域ではほとんど出番が無い検査器機よ。」

母「そうなんかいな。じゃあ、MRIでは何を見て、レントゲンでは何をチェックするん?」

私「ざっくり言うと、MRIは神経・ヘルニア・筋肉をみて、レントゲンとCTは、骨の配列・腰の骨の変形をみるのよ。ようは、神経を圧迫している痛み・しびれの原因がヘルニア(MRIで検出)か、骨の変形(レントゲン・CT)かを調べるのよ。」

母「うむうむ。」

私「MRI,レントゲン、CT この3つの検査がそろっているとOK!よ。ただ、まー、診断だけならMRIとレントゲンだけでもぉ・・・。手術となれば靱帯骨化症の有無や手術プランニングを細かくチェックする必要があるからCTは必須だけど。」

母「わかった。レントゲンも一緒にCDに入れてもらって送るわ」

 

と、こんなやりとりがありました。

 

なんでレントゲンが必要かというと、たとえば、腰痛で受診をされたかたを例に説明致しますと、せぼねの変形による腰痛が減と言うことがあるからです。腰MRIだけでは診断がつきません。

 

正常なかたのレントゲン

◎正面像

正中のラインがまっすぐでキレイです。

 

*変形のあるかた

正中ラインからせぼねが大きく左にカーブしてます。

 

◎正常のかた側面像(横から見た像)

せぼねが弓なりにそっていて、キレイな生理的湾曲となっています。

うん、キレイ!

 

*変形のあるかた

腰が曲がり、せぼねが前のめりなり(赤線)、下っ腹がポッコリしてきています(青線)。慢性的な腰痛になってそうなレントゲンですね・・・。痛そう・・・。

 

正面像・側面像ともに正常のかたと、変形のあるかたでは全然違うでしょ?これはMRIでは分かりません。やっぱりレントゲンは必須なんですよ。

 

できれば、オンライン相談のかたは、MRIとレントゲン両方があれば嬉しいです!さらに、CTがあればもうそれはこの上なく

ううーーーんス・テ・キです。

 

 

10月は最高齢89才のかたの腰部脊柱管狭窄症PEL治療がありました。今までの腰部脊柱管狭窄症PEL治療の最高齢は86才でしたが3才更新しました。もちろん、日帰りですよ!

圧迫骨折は何才でもOKな感じがありますが、腰部脊柱管狭窄症89才はかなり緊張しました。だって、ちょっと転んだだけでも皮膚はもろくてベロンと皮膚が剥がれるのと同じで、ちょっとしたことで神経に影響が出やすいです。執刀医の私はほんま全集中でしたが、器械出しの看護師さん、外回りの看護師さん、放射線技師・検査技師さん、麻酔科の先生のおかげで超絶・全集中の手術ができたッス。

 

あざっす。

 

89才のかたももちろん日帰りです。保険手術ですので70才以上のかたは、高額医療費制度を利用して全部で18,000円です。日本の国民階保険制度スゴですね、ほんとすごい保険制度ですよ。

 

今週、今月もやりっきたぜー。

 

フタッフのみんな今月もThank youです。そして、来月もヨロです!

 

今週もたくさんの美味しいおかし、手作りだいがくいもまでありがとうございました。

 

美味しかったです♡

 

 

来週も、CSCスタッフ全員でOne CSCで、腰・首・頭の治療に全力で取り組んで参ります。

腰痛、肩こり、腰椎ヘルニア、頚椎ヘルニア、頚椎症、脊柱管狭窄症で日帰り・保険診療の内視鏡治療(PELD/PED治療)、リハビリ加療を検討なさりたい方は、中京スパインクリニックにご相談ください。

〒470-0115

愛知県日進市折戸町笠寺山50-6

腰・首・頭の中京スパインクリニック

TEL 0561-73-1900、

FAX 0561-72-8818

脳神経外科・リハビリテーション科・整形外科

 

 

RECRUIT採用情報

当院は、病気やけがでお困りの患者さんの立場に立ち、
優しく笑顔で接していただけるスタッフを募集しています。

詳細はこちら

※新クリニックのため、住所やクリニック名ではカーナビには出てきません。「日進市民会館」に設定して向かってください。日進市民会館の隣です。