NONOPE非手術治療

非手術治療

手術には1歩踏み出せないという方や
症状がまだ軽い方は一度ご相談ください

手術以外にもリハビリ、ブロック注射などの保存的加療を行うことも可能です。
軽度から中等度の場合、これらを数か月おこなっても改善がない場合には手術が選択肢の一つに入って来ます。
軽度から中等度の場合は、まずはこれらの治療法を第一に考えてみましょう。

治療方法は2つあります

1. ブロック注射

ブロック注射とは、痛みを引き起こしている神経や組織に、麻酔薬や炎症を止める薬を注入し痛みを緩和する方法です。痛みが続くことで血流が悪くなり、血流が悪くなることで痛みを誘発する物質が出て悪化するという悪循環に陥ります。神経ブロックは血流も良くしてくれるので、痛みの緩和だけではなく治癒促進の効果も期待できます。また、痛みの原因を探る目的でも行われることがあります。

2. リハビリ療法

各種リハビリテーション機器を駆使して、筋・関節運動機能の改善に努め、日常生活への復帰を目指します。

神経ブロックについて

手術でもなく、お薬でもない痛みを取る治療

神経ブロック療法とは、“痛み”に関与する神経の領域に、局所麻酔薬や抗炎症作用をもつステロイド薬などを注射することにより、痛みを直接ブロックするとともに、痛みの悪循環を遮断し、痛みを抑えることを目的とした治療法です。ブロック注射といっても、たくさんの種類があります。歯医者さんでまず行う麻酔の注射のようなものから、もっと専門的なブロック注射など様々です。

神経ブロック療法のメリットMERIT
  1. たくさんの種類の神経ブロックがあります。
  2. 即効性がありますので、注射後数時間で痛みが緩和されます。
  3. 痛みの原因を正確に診断することが可能です。
  4. 効果が24時間以上続いた方は、神経ブロックによる治療効果の持続が期待できます。
  5. 健康保険が適用になるため高額な治療費がかかりません。
  6. 症状が軽度の場合は何度も行うことができます。

当院の神経ブロック注射の特徴

超音波ガイド下超選択的神経根ブロック(首)

頚椎(くび)の神経は、脳へと流れる大切な血管(椎骨動脈:ついこつどうみゃく)のそばを走行しています。神経ブロックをしている最中に、万が一、その大切な血管を損傷してしまったら重度後遺症を引き起こすことがあります。しかし、超音波(エコー)を見ながら行うと、その大切な血管を損傷することはなく安全に、そして的確に神経ブロックを行うことが可能です。時間は約5分です。

超音波ガイド下筋膜リリース(首や腰、腕や足にも適応)

痛みの原因が筋膜(筋肉を覆う膜)の場合は、凝り固まった筋膜をやわらかくするために超音波(エコー)を見ながら、筋膜と筋肉の間に生理食塩水を注入し、筋膜を柔らかくします。約5~10分です。

トリガーポイントブロック注射

痛みの強い部位に麻酔薬とステロイド(炎症止めの薬)を入れた薬液を注射します。約5分です。

仙骨裂孔ブロック注射

お尻の尾てい骨の辺りから、麻酔薬とステロイド(炎症止めの薬)を入れた薬液を神経の周りに注入します。約5分です。

レントゲン透視下神経根ブロック(腰)

レントゲンを見ながら、腰の神経に直接ブロック注射を行います。約10分です。

椎間板ブロック

椎間板内にレントゲンを見ながら麻酔薬とステロイド(炎症止めの薬)を注入します。腰痛症に適応となります。

椎間関節ブロック

椎間関節という骨と骨を支えている関節部位にブロック注射をします。

仙腸関節ブロック

仙骨(腰の一番下の骨)と、腸骨(腰骨)の間にブロック注射を行います。